TOP > 事業内容 > 森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業

事業内容

森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業

事業内容
森林・林業を支える山村地域では、過疎化等の進行に伴い、地域住民と森林との関わりが希薄化し、森林の手入れが行われなくなったことで、竹の浸入等による里山林の荒廃が進行し、森林の有する多面的機能の発揮が難しくなっています。
森林・山村多面的機能発揮対策は、地域住民、森林所有者、NPO法人、民間団体などが協力して作る活動組織が行う、地域環境保全(里山林保全活動/浸入竹除去、竹林整備)、森林資源利活用、森林空間利用の3タイプの取組を支援します。

活動事例

地域環境保全の取組支援

里山林保全
里山林景観を維持するための活動

侵入竹除去・竹林整備
浸入竹の伐採・除去活動

森林資源利用の取組支援

集落周辺の広葉樹等の搬出作業

森林空間利用の取組支援

森林環境教育等の実践